トランジスタ

トランジスタの回路図記号と矢印の向きの意味【トランジスタの種類も解説】

トランジスタの記号

  • トランジスタの回路図記号について知りたい。
  • トランジスタの回路図記号で、矢印の意味を教えてほしい。
  • 記号の矢印の向きが時々忘れて分からなくなるけど、良い覚え方はないですか?
  • トランジスタの回路記号は、なぜ『Q』なのですか?

こんな質問にお答えします。

 

 

電子回路を10年、仕事を通じて勉強しています。

回路図をみるとき、トランジスタの記号をなんとなく見てませんか?

本記事では、トランジスタの記号、矢印の意味、回路記号『Q』について解説します。

 

※ 初心者でも挫折しないアナログ回路の通信講座(返金保証あり)

アナログ回路の通信講座です。

アナログ回路設計の第一歩を学習できます。

30日間の返金保証があるので、ノーリスクで始められます。

まずはカリキュラムを確認してみましょう。

» アナログ回路設計への第一歩(Udemy) カリキュラムはこちら

 

トランジスタの回路図記号と種類

トランジスタの記号

トランジスタの回路図記号は以下の通りです。

 

【NPNトランジスタ】

NPNトランジスタの3つの端子

 

【PNPトランジスタ】

PNPトランジスタの3つの端

 

トランジスタは、E(エミッタ)、C(コレクタ)、B(ベース)の3本の端子が出ており,記号もそのようになっています。

 

トランジスタの種類と型番

トランジスタには、NPNトランジスタとPNPトランジスタの2種類のタイプがあります。

昔のJISでは型番によって、用途が分けられていました。

 

例えば、2SAから始まるトランジスタの型番は「PNPトランジスタの高周波用」というように分かれていました。

2SA:PNP型トランジスタ 高周波用
2SB:PNP型トランジスタ 低周波用
2SC:NPN型トランジスタ 高周波用
2SD:NPN型トランジスタ 低周波用

 

しかし、このJIS規格はすでに廃止されています。

 

実際、NPN型トランジスタとして有名な2SC1815は、NPNトランジスタの低周波用として販売されています。

 

また、現代のトランジスタの種類は、型番で判断しない方が良いです。

なぜなら、半導体メーカによって独自に命名していることがあるからです。

 

きちんとデータシートを読んで確認するようにしましょう。

 

トランジスタの矢印の意味

トランジスタの矢印はベース電流の流れる方向を示しています。

 

トランジスタの矢印の向き

 

NPNトランジスタの場合、ベース(B)からエミッタ(E)に矢印があります。つまりベース端子からエミッタ端子へ電流が流れます。

PNPトランジスタの場合、エミッタ(E)からベース(B)に矢印があります。つまりエミッタ端子からベース端子へ電流が流れます。

 

余談ですが、

NPNトランジスタを例にすると、このベース電流のわずかな変化で、コレクタ(C)からエミッタ(E)に流れる大きな電流を制御できます。

PNPトランジスタを例にすると、このベース電流のわずかな変化で、エミッタ(E)からコレクタ(C)に流れる大きな電流を制御できます。

 

トランジスタの増幅作用

 

これが、トランジスタの基本的な増幅作用です。

 

トランジスタの矢印の向きの覚え方

矢印の向きの覚え方は、「P → N」と覚えることができます。

トランジスタ記号と構造を並べると以下のようになります。

 

【NPNトランジスタ】

NPNトランジスタの記号と構造

 

【PNPトランジスタ】

PNPトランジスタの記号と構造

 

この構造での「P」と「N」は、プラスとマイナスを表しています。

P:Positive = 正 = +(プラス)
N:Negative = 負 = -(マイナス)

 

電流はプラス(P)からマイナス(N)に流れます。

 

NPNだったら、ベース(P)からエミッタ(N)の向きに電流が流れます。

つまり、矢印の向きはベース(P)からエミッタ(N)となります。

 

PNPだったら、エミッタ(P)からベース(N)の向きに電流が流れます。

つまり、矢印の向きはエミッタ(P)からベース(N)となります。

 

よって、矢印の向きは「P → N」と覚えると良いです。

 

トランジスタの回路記号は『Q』の理由

トランジスタの回路記号『Q』の由来は、Quartz(結晶)です。

 

トランジスタが誕生する前の時代、無線信号を受信して整流する素子に結晶が使われていました。

結晶なので、英語ではCrystalとも表現できますが、コンデンサの回路記号で『C』がすでに使われていたため、Quartzの頭文字『Q』が使われました。

 

トランジスタが誕生すると、それらを引き継いだことから、そのまま『Q』が使われています。

最近では、わかりやすいように『Tr』という記号も使われるようになりましたが、『Q』もまだまだ使われていますので、知っておいて損はないでしょう。

 

まとめ

今回はトランジスタの記号について解説しました。

今までトランジスタの記号について、じっくり考えることってありましたか?

本記事が少しでも勉強になれば幸いです。

 

人気記事:【無料の特典と返金保証あり】電子回路のオンライン入門セミナー5選!

 

※ 初心者でも挫折しないアナログ回路の通信講座(返金保証あり)

アナログ回路の通信講座です。

アナログ回路設計の第一歩を学習できます。

30日間の返金保証があるので、ノーリスクで始められます。

まずはカリキュラムを確認してみましょう。

» アナログ回路設計への第一歩(Udemy) カリキュラムはこちら

 

【教材】トランジスタ増幅回路の設計講座

トランジスタ増幅回路の設計ノウハウを公開しました。

【目次】
・第1章
トランジスタ増幅回路の基礎知識
・第2章
固定バイアス回路の設計
・第3章
自己バイアス回路の設計
・第4章
電流帰還バイアス回路の設計

講座内容の詳細は下記からどうぞ。

» 無料公開の講座内容はこちら(特典あり)

よく読まれている記事

1

電子回路を勉強したとき、このように思ったことはありませんか? 基礎から電子回路を勉強したい 電子回路のキットで勉強したけど全然スキルアップが実感できない 週一ぐらいで通える入門セミナーはないかな 本記 ...

2

電子工作教室を探したとき、こんな風に思いませんでしたか? 電子工作教室はほとんどが子供向け 大人向けの電子工作教室がもっとあっても良いのでは? 子供の頃にロボットのメカや模型に憧れた人は多いと思います ...

3

おすすめの電子工作教室を知りたい。 小学生の子供が電子工作に興味を持ち、電子工作教室に通わせたいため、おすすめの教室を知りたいです。   このような質問にお答えします。   目次 ...

4

電子回路を初めて勉強しようとしたとき、このような経験はありませんか? 電子回路の本が多すぎて、どの本が良いのかわからない。 教科書を読んでも理論が複雑で全然理解できない。 試験は問題を丸暗記している。 ...

5

製造業でおすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい。 転職に失敗しないための注意点も知りたい。 こういった疑問にお答えします。   目次 製造業でおすすめの転職サイト・転職エージェント ...

-トランジスタ